空港へのアクセスするために自家用車を利用する

自動車を利用するなら駐車場を知っておく事が大事

代理店で購入

格安航空券は必ず比較を

格安航空券とは航空会社が旅行代理店に卸している割引運賃の航空券のことで、各旅行代理店においてばら売りされています。そのため購入する場合は旅行代理店で購入することになりますが、店によって金額にバラつきがあるため比較は必須です。  現在では格安航空券の情報サイトがたくさんありますから、比較は簡単にできますしサイトを経由して格安航空券を手に入れることもできます。旅行会社のメルマガを購読するのも良いですね。メルマガは格安情報の宝庫です。  また同じ格安航空券、同じサイトでも搭乗日や時間帯、購入日によっても異なる場合があります。海外の航空券だとその傾向が強く「購入日は金、土、日を避けるのは鉄則」とまで言われています。  ネットで簡単に比較が出来る時代です。最も安い航空券を探してみるのも面白いかもしれません。

歴史はまだ20年ほど

 格安航空券の歴史は非常に浅く、平成に入ってからです。  1994年に航空法の改正で割引券が認められるようになりましたが、それまでは同一路線、同一運賃でした。1996年になると幅運賃制度が制定され、上限10,000円〜20,000円の運賃設定ができるようになりました(15,000円以下は国土交通省の許可が必要)。  そして2000年再び航空法が改正され自由な運賃設定が可能になり、ここから格安航空券が本格的に市場に流通するようになりました。  これにより高嶺の花だったヨーロッパ旅行が身近なものになり、学生の卒業旅行などでも行けるようにました。1994年の改正以前はヨーロッパ旅行は100万円以上するものだったのです。  格安航空券の登場は、世界を狭くしたと言っても過言ではないでしょう。