空港へのアクセスするために自家用車を利用する

自動車を利用するなら駐車場を知っておく事が大事

車を停車する

自家用車で空港を利用するとき、駐車場を長時間利用すると料金が高くなってしまうことがあります。現在は駐車場サービスもあり、それを利用することによって通常の利用よりも更に安くすることができます。

探し方

新入社員や社員教育、またはセミナーや会議などを行なう際、研修施設を利用する企業は数多く存在します。施設の中には、宿泊可能な「宿泊研修施設」も数多く存在しています。

高速バスを利用する

高速バスはリーズナブルに移動できることから人気があります。夜行バスの場合、昼間のバスよりも深く倒れるように設計されているためリクライニングを使う場合は後ろの人に声を掛ける必要があります。

車を利用する

海外旅行をするときには空港へアクセスしなければなりませんが、自家用車を利用する人も多いです。空港の駐車場ではなく、ホテル敷地内の駐車場なら料金を安くすることができます。事前に予約をしておくことで割引にできます。

駐車場の利用

空港駐車場は比較的高め

成田空港や関空は日本を代表する国際空港として多くの人が利用しています。利用者は鉄道やバスなどのアクセス方法がありますが、その中でもたくさんの荷物を近くまで運ぶことができる手段として人気なのが自家用車です。 しかし、成田空港、関空ともに空港の敷地面積には限界があります。そのため両空港共にターミナルに近いエリアにある駐車場は価格設定がやや高めになっています。しかも、駐車場の面積が利用する人に対して少なくなっているので年間を通して混雑をしており、繁忙期には駐車待ちの行列ができるようなケースもあります。 このため、空港の駐車場を利用するときには価格面だけでなく、止めることができるかどうかも確認する必要があります。

周辺の駐車場を有効活用

成田空港や関空は公共交通機関があるものの、交通の便利を考えて自家用車を利用する人が多くいます。そこで上手に利用したいのが空港周辺の民間駐車場です。成田空港、関空ともに空港の敷地外に多くの民間駐車場があります。ここでは、空港から離れているものの空港までの無料送迎が付いていて便利です。さらに空港敷地内よりも安価に駐車することができるので、海外旅行などで長期間駐車することが多い空港においては特にお得になります。 民間駐車場でもインターネットによる予約を受け付けているところが多いので、利用する前の予約が便利です。早い段階で予約をすることによって割引サービスを受けることができるようなことをしているところもあります。

 代理店で購入

格安航空券は主に旅行代理店が販売していますが、店舗によって金額に差があるので注意が必要です。格安航空券の歴史は浅いとされており、平成に入ってから登場するようになりました。